"プレソ"トップページ

pleso.exblog.jp ブログトップ

プレソ練習記

この間練習したことについて、ちょっとだけ復習しておきます。プレソはたった月1回の練習だから、それに出れないとなると、2ヶ月もブランクになってしまいます。練習回数が少ない分、なんていうかその間を埋めるような仕掛けがあってもいいかもしれません。しかし、プレソの素晴らしいところは、基本みんな練習に参加したい。だけど、人生いろいろあって出れない、でも、お互いのことを気遣っているっていうことだと思います。アンサンブルは信頼関係が前提だから、オープンにみんな練習に出れないときは連絡しあっています。素晴らしいことですね!この、絆っていうんでしょうか。だから、練習で何をしたのか、しっかりシェアしておくっていうことも大切なことに違いありません。
最近のプレソでこだわりはじめていることのひとつに、「入り」と「抜き」っていうことがあります。これはテンションの問題だと思うんですが、つまり、「だんだん高まっていくのか」それとも「さがっていくのか」とうことです。音量と無関係ではないと思いますが、ひょっとすると「音の密度」の問題かもしれません。演奏上どうすればこの感じが表せるのかっていうのは、奏者に委ねるとして、指揮者の立場からの要求とすれば、勢いが増すのか衰えるのかっていうことかもしれません。参考にすべきはいわゆるピリオド奏法という古楽器アンサンブルのことです。フンニャーっていう音ですね。必ず音の行方は「抜き」になっている。ちょうど水が上から下に流れていくように、まるで流れ星が尾を長く引くように、流線型っていうのかな。そう、自然界に観られるような「減衰」の仕方が理想でしょうね。それをトレモロっていう技術で表現しようとしたら、トレモロの回転数の問題ではなくて、密度っていうところにいよいよ踏みこまなくてはならないという気がしてくるのです。
次の問題は、これもマンドリン系への注文になってしまいますが、「トレモロで音符を敷き詰めない奏法」のこと。別の言い方をすれば「音符の途中でトレモロを止めてしまって、ただし、最後に単音に移行するときに、まるで鳥が上昇気流を捉えるときの瞬間のように、空に舞い上がるように単音に移行する奏法」つまり、トレモロから単音に移るときに、響きを保ってその響きの行方にしっかりと責任を持たせるっていうことです。単音で放った瞬間に音符の長さを意識することができるわけで、そうなると、たとえば付点4分音符と8分音符の組み合わせのようなパターンの場合、付点4分音符の真ん中くらいで単音に放った瞬間に、次の8分音符の場所を正しく見定めることができるのでは、というところです。さらに言うと、激しいぶっ放し方の移行と、柔らかくまるでいつ移行したのかわからないくらいに溶け込んでしまうような移行の仕方があると思います。前者は比較的容易なやりかたで、下手をすると、妙に拍拍(はくはく)してしまったりします。それは、真ん中で切るというふうに誤解してしまったときに陥りやすい現象です。そうではなくて、放った先の音のイメージを大切にしさえすれば、ソフトランディングが可能となるのです。このトレモロと単音のつながって出来る音作りがひとつのテーマになると思います。
今回のチマローザはまさにこの実験にはぴったりの材料と言えましょう。詳細は各パートのリーダーに相談してみてください。

シンプルシンフォニー
1楽章
冒頭の4拍目と次の1拍目のパターンは最初の4分音符は短めに、2つ目の音の方は4分音符分しっかり保つということにしました。いままでの練習では2分音符のように響かせていましたが、ここは、きっちり4分音符分ということにします。
6小節目のアウフタクトから始まるギターとチェロの第一テーマ。これは、いろいろなパートでも奏されますが、このアウフタクトの場所と、次の1拍目の4分音符(マンドリン系はすべてトレモロとしました)の関係がいのちです。離れすぎてもいけない、くっつきすぎて、転んだようになってもだめ。全体的にこの曲はアウフタクトがいのちですね。小気味いい乗りで、運動が淀まないように。この曲のもうひとつのモチーフは最初セカンドで7小節目のアウフタクトで現れる8分音符の旋律。これを「批評家のお小言」としましょう。批評家はいつもぶつぶつと理屈をこねくり返しています。この「ぶつぶつ言う」感じを表すには最初はピアノでもちょっとくっきり弾き始めて、弾きはじめたら、必ず「ぬく」ということです。そこはかとないような音で、陰でこそこそやるみたいに、そう、まるでひそひそ話しでもするかのように。しかし、うわさ話はあっという間に伝染して、広まっていくものです。7小節目の3拍目の4分音符の長さが微妙です。この音は当然のことながら、フレーズの終着点。だから、その次の4拍目に「ずるずる」と滑り込んではいけません。改めて、4拍目から批評が始まる。フレーズ感を明確に描きたいところです。
ドラだと同じようなところは11小節目のアウフタクトから3拍目までがひとつのフレーズ。始まってから3拍目に到達するまではひとつの勢いでまいりましょう。改めて4拍目からまた始まりますので、そこはくっきり、それでまた抜きです。ファーストだったら、この「批評家」のフレーズが出てくるのは23小節目にアウフタクトから。フォルテとありますが、ここも「抜き」です。第一テーマはいろいろなパートに表れますが、アウフタクトのチャーミングな感じがどこで表れても同じようなニュアンスでいけたらと思います。32小節がひとつのサミットです。その3拍目まで駆け上がる感じはどうしたって、前のめり気味になります。むしろその方がいきいきとした感じになっていいのだろうと思います。一気に駆け上がる!となると、その小節の4拍目でテンポを戻すために、長めになるのは自然な流れでしょう。33小節目は冷静にインテンポで。ここはふらふらしないようにしましょう! 14小節目の頭の4分音符、18小節目の頭、20小節目の頭、そして、ちょっと不規則にはなりますが21小節目の3拍目の4分音符は長めに取りましょう。ただし、そのあとは冷静に戻してメゾフォルテにもどってください。このあたりがイギリスの音楽っていう感じがします。どこか、くそ真面目っていう感じがしてくるのです。それで、またぶつぶつ言っていやがる、みたいな感じです。4分音符で動いている人も、まるで何事もなかったかのように、涼やかにテンションを戻して、このあたりは、まるで、ポーカーフェース、気位の高さすら髣髴とさせます。上手い演奏を聴くと、このあたりの8分音符で動く「批評家」の派パッセージは遅く聴こえるくらいです。テンションがあがらないんですね。このあたりはロッシーニのようになったらむしろ台無しです!
35小節目からは、第2主題の登場です。この伴奏パートの付点2分音符は2分音符分の長さのところでトレモロを止めましょう。ただし、その後は響きで残すようにしてください。第2主題そのもの弾き方は前半がテンションの「入り」で、後半は「抜き」。「抜き」が始まる最初の音が頂点になるように。その音がくっきりと聴こえてくるように工夫してみてください。たっぷりとふくよかに響き渡るように、音の立ち上がりにも工夫が必要です。7小節目からはピアノの世界。86小節目からはセカンドとファーストの掛け合い、それがドラに移り、チェロとギターに受け継がれる。今度はセカンドとチェロとギターの掛け合い。このあたりは4分音符の流れがくっきりと聞こえるように、逆に8分音符の「批評家」パッセージは小さめに。106小節目からはドラとセカンドが重なり合いながら、そしてセカンドとファーストの掛け合いに発展していきます。114小節目からは全体としてクレッシェンドを意識してください。全ての要素が増殖するようなイメージで125小節目のクライマックスをめざして束なっていくように!127小節目からはAnimatoとありますので、少し前のめりになっても構いません。ここは活き活きと、ぐいぐいまいりましょう。ここでファーストのモチーフは冒頭と同じです。それがわかるように、たとえば4分音符の長さのこだわりのようなところをきっちりやりましょう!ドラは最大の難所ですが、練習の成果が実りつつあると感じています。素晴らしい!157小節目からはエピローグ、全体的には「抜き」です。どんどん遠ざかるように。167小節目は駆け上がるのでちょっと前のめりに!ただし、167の4拍目で戻すように。

2楽章
6拍目のアウフタクトの場所がきっちり取れるように、イメージトレーニングをお願いします。なにしろ、それがいのちですから。たとえば出だしのところですが、最初にセカンドが出る。楽譜上では2小節目でセカンドが6つ8分音符を弾きます。その6つ目の音がファーストのアウフタクトと重なるわけです。これが決まればこの曲は出来たようなものでしょう!22小節目のセカンドの頭、23小節目のファーストの頭はくっきり奏してください。掛け合いの感じを際立たせるためです。チェロ、ギター、ベースの27小節目はフォルテですが、28小節目のから、小節の頭をそろえて、くっきり奏してください。28、29、30というふうに抜いていくような感じで。
トリオのメロディ、マンドリンは「ソッミ ドッラ ソミドレ」の最初のドの音に、低音は「レッシ ソッミ レシソラ」の最初のソの音がくっきりするように。

2007年11月27日
ゆう
[PR]
by pleso | 2001-11-28 21:10 | ◇Pleso yuyu Life
line

プレクトラム・ソサエティ公式サイト


by pleso
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite