"プレソ"トップページ

pleso.exblog.jp ブログトップ

オシポフ・オーケストラがやってくる!

あれっ?このこと書いたっけ?最近は何を書いたかわからなくなって、いよいよ混乱してきました。もっとも、このブログは「音なし」の構えだから、誰も観ていないんだよね、空ブログっていうんだろうな、こういうの。そういえば、昨日「エンタ」に現れた「禅」よかったなぁ。もう、ひさびさに笑い転げました。さてと、もうダブってもいいから、今日は「オシポフ」のはなし。ぼくにとっては、幻の「オシポフ」です。今日、プレットロの演奏会でタマーラさんが2年ぶりに登場して、あいかわらず凄い演奏を披露してくれました。ほんとうに凄い。指が廻るっていう技巧の凄さだけじゃなくて、音楽そのものが凄い。演奏が終わったら、気さくな感じで客席に来られたら、たまたまぼくの席の前だったので、いろいろお話しをしてしまいました。「ロシア舞曲はちょっと速かったのでは?」と尋ねると「ご冗談でしょう?」だって。ほんとうはもっと速いんだって!びっくりです。ぼくが、尊敬するウラジミール・ヤコフレフのことを聞いたら、もちろんご存知とのこと、ヴェラ・ゴロドフスカヤの「Joily Domra」の譜面をもう30年近く探していると言ったら、探して送ってくれることになりました!今日のぼくの席は、斜め前が藤掛さんで、その隣りが朝岡さんという作曲家。この人の曲がとてもいい曲で、これも初対面でしたけど、楽譜を譲ってもらうようお願いしました。まだ出版されていないようです。曲名は「リオの風」5拍子曲で「ショーロ」っていう踊りだそうです。ぼくなんか、「だから、ポルトガルなんだなぁ、なんてほくそ笑んでいました。
あぁ、オシポフが来る。それでユーラシア協会に聞いたら、たったの36人しか来ないんだって。寂しいなぁ、こういうの。それで、ほとんどの曲歌の伴奏?哀しすぎます。もう、ほんとうことを言うと「幻滅」この一言に尽きます。だから、ソビエトは終わった。そしたら芸術も退廃してしまった。でも、そんな風には思いたくもありません。だから、ぼくたちは、いまはブルックリンにいるタマーラさんなんかにも負けないくらいの「正統派ロシアの民族オーケストラ」の魂を見せ付けて欲しいと、ただ、ひたすら、ノスタルジックに思いを寄せています!おーい、プレソのみんな、これ観てないんだろうな。次回の練習に出なくても、これは聴かなきゃならないよ!マンドリンにお手本は無いけど、これは音楽のお手本だから。少なくとも、ぼくはあこがれました。これがなかったら、マンドリンはとっくに終わっていたかもしれません。ほんとうに、凄いです。
みんなでいきましょう!
ほんとうは、滞在期間がぼくたちの月例会までOKだったら、来てもらいたいくらいです。

オシポフの凄さは、意外アレンジものにあるんだけど、メロディアのレコード誰かに貸したっきり返ってこないんです。ストラビンスキーの「ペトルーシュカ」や「火の鳥」やってるんですけど。哀しきワルツ(シベリウス)や、ドビュッシーの「月の光」やシューマンの「トロイメライ」なども入っていました。どこにいちゃったのかなぁ?
2枚だけチケットは購入しました。
誰かいける人がいたら、速いもの順です。でも、どうせ誰もこれ、気づいていないんでしょうね。誰も申し出がいなければ、誰か誘って聴きにいきます。
日程は10月30日。
場所はカザルスホール。
終演後はもちろん楽屋に押しかけます。
カザルスだから、帰りがけには「山の上のホテル」あたりで一杯やりましょう!

2007年10月14日

ゆう
[PR]
by pleso | 2001-10-14 21:13 | ◇Pleso yuyu Life
line

プレクトラム・ソサエティ公式サイト


by pleso
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite